専業主婦も大丈夫|どんな人もカードローンという方法で借りるのがおすすめです

専業主婦も大丈夫

Array

一般的には絶対に収入がないとカードローンを利用することができませんが、例外として収入がない人でもカードローンの利用ができる場合があります。
今回はそんな特殊な条件を紹介していきましょう。

まず収入がない場合にどうやってカードローンの契約ができるのか?
方法としては主に「総量規制対象外のカードローン」または「配偶者貸付制度のあるカードローン」から選ぶことになります。

総量規制対象外というのは、まさに総量規制を無視してカードローンが組めるということ。
銀行では銀行法と呼ばれる法律に基づいて運営されています。
そのため、銀行側がカードローンを利用してもらう条件として専業主婦などを不可としないかぎり、総量規制によって制限されることがないわけです。
利用者が一方的に有利になるようなパターンだと、総量規制が対象外となります。

一方で配偶者貸付制度というのは、あなたと配偶者の年収から3分の1までのお金を借りることができるという制度になります。
ということは配偶者がいる場合、その人に収入があればあなた自身が専業主婦だったとしてもカードローンを申し込める権利が与えられます。
ただし配偶者貸付でお金を借り入れる場合は、配偶者の同意書が必ずいります。
だからバレずに借りたい人にはおすすめできません。
配偶者貸付制度を利用していきたい場合は、ちゃんと配偶者と相談してから決めることになるでしょう。

どちらの方法でも結果は変わりませんが、おそらく人には内緒にしてカードローンを利用したいという人の方が多いと思います。
だからしいていえば前者の方がおすすめできる方法だといえるでしょう。